パソコン操作について

ファイルの互挽性と変換について

投稿日:

データのやりとりをする場合、共通のアプリケーションやプログラムがなくてもお互いがtデ一夕を読める様式にすることも必要です。

ファイルの互換性

インターネットをはじめとしたネットワーク環境の普及とともに、電子メールなどを使って簡単にファイルのやりとりができるようになりました。
ファイルをやりとりするときに注意しなければならないことがファイルの互換性です。
例えば、Aさんは ”Word” で作成し、Word形式で保存した文書ファイル(拡張子がdoc)をメールに添付してBさんに送ったとします。
添付ファイルを受け取ったBさんのパソコンにも、”Word” が組み込まれていれば、受け取った文章を画面上で聞いて閲覧したり、プリンタで印刷することができます。
ところが、Bさんのパソコンに”Word” が組み込まれていない場合、その文書ファイルを読むことができません。この場合、AさんはBさんが ”Word” を持っていることを確認してから、”Word” 形式の文書を送ったほうが親切ですよね。そして、Bさんか'Wordを持っていないとしたら、文書をテキス卜形式で保存して送ればBさんにも文書の内容を読むことができます。
テキスト形式は「メモ帳」や「ワードパッド」など、多くのアブリでサポー卜されているファイルの種類だからです。
このようにいろいろなパソコン環境で使えることを「互換性」と表現し、今の例を引用すれば「テキストファイルは互換性が高い」と表現します。

使用するフォントにも注意

ほかの人に文書ファイルを受け渡しする場合、ファイルの種類だけでなく、文書の中で使用するフォント(書体)のことも考えなければいけません。
Wordでは好みに合わせて文字フォントを使うことができます。
しかし、パソコンによって組み込まれているフォントが異なりますので、Aさんが文書の中で使っているすべてのフォントがBさんのパソコンにも組み込まれているとは限りません。
組み込まれていないフォントが使用されている場合、Windows XPが自動的に似たフォントlこ置き換えて表示するか、最悪の場合には文字化けしてしまいます。
このように、パソコンによって状況が変わってしまう種類のファイルでは互換性が高いとは言えません。
Word形式のファイルなどを受け渡しする場合、お互いのパソコンやフォントの状態を確認し合ってからにしましよう。
なお、誰でもたいてい取り扱うことができる互換性の高い文書ファイルの形式は「テキストファイル」です。
テキストファイルは文字列だけの簡素な文書ファイルで、文字フォントを使ったり、装飾をすることができません。
デザイン的には物足りないですが、これが高い互換性の秘訣なのです。

文書ファイルのいろいろ

文書を作成するのに用いるので「文書ファイル」と表現してきましたが、一般lこWindows XPで文書の保存に用いられるファイル形式には、次の5つがあります。

テキストファイル(鉱張子はtxt)

最も互換性が高く、Windowsだけでなく、MacintoshやUNIXなどでも標準のファイル形式として利用できます。
文字フォントやサイズなど、文字の装飾に関する表現力はなく、画像なども使用できません。

リッチテキストファイル(拡張子はrtf)

テキス卜に、文字フォン卜やサイズ、飾りなどの指定ができる文書ファイルの種類(形式)です。
画像も組み込むことができますが、ページ管理や詳細なレイアウトはできません。
マイクロソフト社が提唱したもので、Windows XPではワードパッドやWordなど、さまざまなアプリで聞くことができます。

Wordファイル(拡張子はdoc)

文字フォントやサイズ、装飾などの飾り、色、罫線、行聞や段落の指定、画像やグラフの挿入など、Wordのワードプロセッサ機能を表現できるファイル形式です。
Wordが組み込まれたパソコンで開いたり、編集することができます。

HTMLファイル(拡張子はhtm、またはhtml)

HTMLは、HyperTextMarkup Languageの略で、インターネットのWebページに利用されているファイルです。
ある程度の文字フォントやサイズ、段組、装飾、色などを表現することができます。
また、画像の組み込みやほかのページやファイルへのリンクもできます。
Internet Explorerで閲覧できるほか、WordやExcel、ホームページ作成アプリなどで開いたり、編集することができます。
また、テキストエディタで聞くことができますが、Webペーシを記述するためのマークアップ言語(タグ)すべてが表示され読みづらいので、一般ユーザーにはおすすめしません。

PDFファイル(拡張子はpdf)

PDFファイルを閲覧するには、『Adobe Reader』や『Adobe Acrobat』、それを組み込んだInternet Explorerで表示することができます。
Adobe Readerの普及とともに、互換性が高い電子ファイルの標準形式として認知されつつあります。
表現力はとても豊かです。

-パソコン操作について

Copyright© jemtc(ジェムテク)で購入したパソコンを実際に使って見た使用感 , 2017 AllRights Reserved.