パソコン操作について

メールリテラシーが悶われる 「宛先」「CC」「BCC」の使い方

投稿日:

「CC」と「BCC」を間違うと、 個人情報の漏えい問題に発展する可能性も?!

送信先のアドレスの指定方法は「宛先」「CC」「BCC」の3種類あります。それぞれの意味を正しく理解して使いわけないと 、トラブルに発展する可能性があります。
以降を参考に、それぞれの意味を理解した適切な使い方をマスターしましょう。

宛先
メールを送りたい相手のアドレスを指定します。「あなたにメールを送っています」、その ”あなた(=To)” に該当するのが「宛先」です。直接返信してもらいたい人、と言い換えることもできます。複数の送り先アド レスを「宛先」に指定することができますが、受信者にはすべての人のアドレスが表示されます。

CC
直接の送り先ではなく、宛先の人に向けて送ったメール内容を把握してほしい人を指定します。「宛先に指定した人にこのような内容のメールを送りました」という報告の意味合いで使われることもあります。また、たとえば顧客にメールを送る際、「CC」に上司の アドレスを入れたとすると 、「このメールの内 容は上司と共有しています」という 、相手に対する報告の意味 にもなりますし、顧客側は第三者である上司がこの件について認識しているという安心感を覚えます。「宛先」と同じく、受信者にはすべての人のアドレスが表示されます。
「CC」でメールを送る際は、その意味合いをよく理解して適切に活用する必 要があります。ただし、「CC」を使う際は事前に送信相手に対して、同報している旨を断っておきましょう 。また、グループ共通アドレスを「CC」に指定するなど、個人のアドレスが特定できない状態で「CC」が活用されることもあります。

BCC
「BCC」に指定したアドレスは、「宛先」と「CC」でメール を受け取った人には表示されません。招待メールなど、個人情報が伝わってはいけない関係の人にメールを一斉送信する際などに使います。「BCC」でメールを送信する際は、使い方を間違えると個人情報の漏えいなどの問題に発展する可能性があるため細心の注意が必要です。

 

「宛先」に関しては、メールの最も基本的な使い方なのでそれほど注意する必要はないのですが、”メールの複写”を意味する 「CC」を用いてメールを送る際は心得ておくべきマナーがあります。
たとえば、ある日突然 Aさんのメールアドレスを「CC」に指定してメールを送ると、Aさんの気分を害する可能性があります。いきなり 「CC」でメールを受け取った Aさんは、「一応このメールを把握しておいて」と一方的に押し付けられている印象を受け、「軽んじられている 」と感じるものです。せめて 「CCでメールをお送りしたので、内容を把握しておいていただけますか?」と電話で一報を入れるべきでしょう 。

上記のように、これまでは関係のなかった人のメールアドレスを突然「CC」に加えると、メールを共有している他のメンバーも混乱します。「CC」に追加された人が、以前からそのメール 内容について情報共有がなされていたのか、もしくはこれから 新たに情報を伝える意味を込めて「CC」に指定したのかがわからないからです。

間報メンバーがまったく知らない人を 「CC」に指定するのもマナー違反です。上記と同じくメールを受け取ったメンバーの混乱を招きます。

一方、情報共有したいメンバーのアドレスを「CC」に指定して送信したのにも関わらず、返信する人が「CC」に該当メンバーのアドレスを指定せずに送り返す人がいます。送信者が「CC」にアドレスを指定するのは「『CC』のメンバーにもメールを把握しておいてもらいたい」という意図があ るからです。「CC」にアドレスが指定されたメールを受け取ったら、同じメンバーを 「CC」に指定して返信するのが基本です。「CC」で複数メンバーにメールを同報する際には、「CC」の意味を理解した適切な使い方を心がけることが大切なのです。

-パソコン操作について

Copyright© jemtc(ジェムテク)で購入したパソコンを実際に使って見た使用感 , 2017 AllRights Reserved.