パソコン操作について

Windows 8の表示や動作のカスタマイズ

更新日:

Windows 8にはさまざまな便利な機能があり、環境に合わせた最適化が行えます。「通知」や「言語バー」の表示、あるいは誤動作を防止するために一部の機能を無効にするなどの設定が可能ですが、場面によって活用したい Windows 8全般の設定について紹介します。

「通知」が表示されている時聞を設定する

「通知」とは、メールが届いた際などに表示されるポップアップメッセージのことで、アクション選択の際などにも表示されます。この通知は、比較的短い時間のみ表示されますが、通知が表示されている時聞を任意に設定したい場合には、チャームから [設定] - [PC設定の変更] と選択して、 [PC設定] の [簡単操作] 内、[通知を表示する長さ] 概のドロップダウンから、任意の表示時間を指定します。

 

 

Windows 8の通知。なお、通知は1つとは限らず、複数表示されることもある。

 

 

スワイプでアプリを切り替えられないようにする

タッチ操作環境では、画面左端から右方へエッジスワイプすると直前のアプリに切り替えることができますが、この操作が誤操作を起こしかねない環境では、エッジスワイプによる直前のアプリ切り替えを無効にすることができます。 チャームから [設定] - [PC設定の変更] と選択して、 [PC設定] の [全般] 内、[アプリの切り替え] 欄にある[左端からスワイプしたときに、最近使ったアプリに直接切り替える]をオフにします。
なお、この設定を行った場合、画面左端から右方へ工ッジスワイプするだけで「アプリの切り替え」を表示できるようになります。

[左端からスワイプしたときに、最近使ったアブリに直接切り替える]をオフにする。左端のエッジスワイプで「直前のアプリ]ではなく「アプリの切り替え」が実行できるようになる。

 

「アプリの切り替え」を無効にする

「アプリの切り替え」はタッチ操作においてはエッジスワイプ、マウス操作においては 画面左上をポイントから表示することが出来ます。この「アプリの切り替え」そのものに必要性を感じない場合には、 「アプリの切り替え」を無効にすることができます。 「アプリの切り替え」を無効にするには、チャームから[設定] - [PC設定の変更] と選択して、 [PC設定] の[全般] 内、 [アプリの切り替え] 欄にある [アプリを切り替えて使う]をオフにします。

「アプリの切り替え」は便利な機能ではあるものの、 デスクトップスタイルアプリの種類や場面によっては作業の妨げになることもある。このように感じた場合には、 設定で無効にしてしまえばよい。

 

ロック画面で表示するアプリを指定する

Windows 8のロック画面では、アプリ情報を表示することができます。 この「情報を表示するアプリ」を選択するには、 チャームから [設定] - [PC設定の 変更] と選択して、[PC設定] の [パーソナル設定] 内、[ロック画面] から [ロック画面に表示するアプリ] 欄にある[+]をタップ/クリックします。 また [詳細ステータスを表示するアプリを選ぶ] で、任意のアプリを指定すれば、該当アプリの詳細情報を指定することができます。

 

 

[PC設定]の[パーソナル設定]内、[ロック画面]で、ロック画面で表示するアプリを指定することができる。

 

 

 

ロック画面で表示指定したアプリの情報が表示される。

 

[PC設定の同期]における項目を指定する

Microsoftア力ウン卜はクラウド構造にあり、 Microsoftアカウントでザインインしている状態で設定した各種設定項目は、クラウドサーバ に自動アップロードされます。また、 同一アカウントを他のPCで利用している場合には、自動的に各種設定を更新する構造にあり、これらの設定の周期項目は 「PC設定の同期」で調整可能です。

-パソコン操作について

Copyright© jemtc(ジェムテク)で購入したパソコンを実際に使って見た使用感 , 2017 AllRights Reserved.